歯科のセラミック治療の種類

歯科のセラミック治療の種類は治療する箇所によって様々となっています。例えば、虫歯によって歯に生じた穴を塞ぐ治療法の場合はメタル素材を利用し、歯に出来た穴を塞ぎます。また、メタルよりもより強度を重視する場合、歯科ではジルコニアセラミッククラウンの治療を選ぶ事が出来ます。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれているので、審美性や耐久性が極めて優れています。また、身体に優しい素材が使用されているので、金属アレルギーを起こす心配がありません。銀歯によって治療された箇所を白く美しく見せる事が可能となります。

歯科治療のセラミックの種類

歯科医院で白い差し歯や詰め物をするとき、必ず説明に出てくるのがセラミックです。透明感のある白い素材で、本物の歯のような質感を出すことができるからです。以前が金属を内側に貼っていましたが、今では単独で使えるようになったので金属アレルギーの患者さんでも安心です。歯科で使われる場合の種類は、そのまま使う場合と、歯ぎしりなどで割れてしまう恐れがある場合にプラスチックと混ぜて割れにくくしたハイブリッドセラミックの2種類です。患者さんの噛み合わせなどを考慮して選択することで、きれいな状態を長持ちさせることができます。

↑PAGE TOP